<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

今日は出雲で島根県トレセンu-12です

今回はあえて指導案を作成せずに
参加してコーチングのコマを
担当させていただこうと思っています

最近の県トレセンは
指導案の発表の場というイメージが強く
参加したコーチのとっては
指導方法のネタが増えて良いだろうが・・・。

参加した県内の有望な選手達のとって
本当に的をえたトレーニングなのだろうかと
考えさせられる面が多々あります

今回は、トレーニング前に丁度マッチがあり
そこでしっかり観て、課題を把握して
すぐさま、考えてトレーニングメニューを作成してみたい!!
挑戦をします

だから、本日は自分自身とプレッシャーを
感じながら、どれだけ課題を改善できるか問われます

頑張ります!!
失敗から学ぶこと、多々ありますので
いつもyabuコーチはチャレンジャーで有り続けたい
[PR]

by masa-17h | 2006-09-30 00:22 | サッカー  

ごめんね・・・ジュニアの選手達

今日は、ジュニアのトレーニングに
久しぶりに最初から参加させていただいた。
yabuコーチにとっては、すごく嬉しいことです

でも、選手達には少しトレーニング自体が
消化不良になっていたかもしれません
でも、これには意図がありました

それは、昨日行ったトレーニングを
再確認しながら、少しcoach4人で会話して
より良いものにと、改善(変更)しながら
アレンジしながら、選手へのトレーニング効果を確認しながら・・・。

このコーチングオーガナイズでのさじ加減が難しいですね

トレーニングを行いながらキーファクターをしっかり伝え
少しずつ試合に起こりうる場面に、すり込ませていくことが
coachの力量です

本日参加したyabuコーチを含めての4人coachは
お互いに意見を言いながら、選手にとって良いものにしたいと考えている
ポジティブな要素が多いし、お互いを尊敬している
Openmaidが、より良いトレーニングしていこうと
日々色々考えておこなってくれています


だから、本日だけは色々オリジナルな少しマニアックな??
トレーニングだったでしょうね
でも、このトレーニングをある程度継続しておこなった後
選手が改善・変化しなかったら
もっと考えて、トレーニングメニューを勉強しなければいけませんね

そうすることによって
coachも成長するし選手も課題の克服になることでしょう
個々の選手の成長が、手に取るように把握できれば嬉しいことですが
そんなに、効果的なトレーニングは色々な経験をもっともっとしないと
出来ないのでしょうね
[PR]

by masa-17h | 2006-09-28 22:39 | サッカー  

母校会場でのジュニアユーストレーニング

浜田ジュニアユースの専用グランドは
基本的にはありません
だから、会場調整がなかなか難しいのも現実です

しかし、ありがたいことにサポートしていただいている施設も多い

今日は、毎月1回から2回使用させていただいている
yabuコーチの母校のグランドがある
T監督のはからいによって
ナイターを利用してトレーニングが出来る環境です

ここで、90分の集中したトレーニングが出来ました
yabuコーチも久しぶりに声を枯らしながら
選手達に色々要求しました。
高円宮杯U-15に予選リーグでの出来事より
各選手の意識が上がっているように感じる
まだまだなのだが・・・・。
良い方向に行っている
ナイキカップには、昨年以上の成績を残さないと
コーチは能力がないという判断になってしまう
当然のことだが・・・決して逃げないで取り組みをしたい
必ず良い結果をだして・・・。
少しでもジュニアユースの取り組みを認知してもらいたいと思う

PS ジュニアユーストレーニング前、
高校生が選手権目指してトレーニングしてましたが
今一つ、選手と監督・コーチとの一体感がなかったのが不安要素です
選手にOPEN・MAID言っていますが
選手と監督の関係が一番のKayFactorですが・・・。
「信じて信じる」~そして信じあえる環境でないと勝てないですね
気のせいであれば良いのですが・・・。
会話によって衝突することはオッケーです
チームが成長する上で大切なことだと思います
[PR]

by masa-17h | 2006-09-28 00:23 | サッカー  

学ぶことは、自分のため?選手のため?

今年の年末は、一大決心をして職場に理解をいただきながら
yabuコーチにしては、大切な貯金を払い出しして
自分のために?選手のために?どちらかは分かりませんが
割合は、少し違いますが両方のために!!
勉強に行ってくる段取りをしています

10日間になると思いますが、
スペインのビルバオというチームの育成方法について
現地に行って学ぼうと思っています

U-13のコーチのトレーニングをみられますので
ジュニアユースの選手も、一部ピックアップして連れて行って
その環境に放り投げて、どのようにチャレンジできるかを観たくて
すごい刺激を与えてあげたいと思っています

それも、浜田ジュニアユースの取り組みを理解してくれて
頑張っている選手達への、yabuコーチなりの表現方法です
こんな取り組みも、中学年代には必要なことだと感じています
はやい機会に、世界を観てほしいと思います
サッカートレーニング以外の時間も、良い経験になることでしょう
語学についても、事前に勉強することも必要でしょうし
良い準備が必要になります・・・サッカーにおいても同様なこと言えますよね


今回の挑戦には、yabuコーチ一人の力ではありません
倉本kazuコーチとの出会いで実現出来ることになりました
この出会いをセッティングしてくれたのが笠井コーチです!!

出会いは、気まぐれです
yabuコーチが15年前に西日本少年サッカー指導者研修会に
自費参加(10万円位)で、岡山県津山5泊6日の研修に参加していなかったら
笠井コーチにも出会えなかったし、今回もあり得なかったことでしょう
いかに、フットワークが軽いか否かで
出会いをつかむこと、つかみきれないこと、たくさんありますよね

少しスペインで頑張っているkazuコーチのmail紹介します
今回の企画を実現するまでに
kazuコーチに6月くらいからお願いしてまして

9月16日のmailです
前略
途中より

そして、もし、日本人選手が参加する場合、特別にアスレチック・ビルバオのコーチによる練習を行ってくれる約束を取り付けました。

練習場は普段、一般の人は使えない所です。
天然芝のグランドが5面以上もある素晴らしい施設での練習となります。

そして、アスレチック・ビルバオのコーチが直接指導を行ってくれます。
ご存じのとおり、アスレチック・ビルバオは、地元バスク人の選手しか所属出来ない特別なクラブで、その為、外国人選手を獲得することが出来ませんから、常にプロ選手を育てなければいけないという状態になっているクラブです。

よって、育成の質はエスパニョールももちろんですが、非常に高いものとなっています。さらに、彼らは必ずプロ選手を育てなければ、チームとして成り立ちませんから、注いでいるエネルギーもすごいです。

そのような素晴らしいコーチ陣、施設、そして他のスペイン人と一緒に練習するというのは本当にかけがえのない経験になると思います。

是非、平薮さんにも必ず来ていただき、そしてご検討頂きたいと思います。

長々と書いてしまいましたが、後日資料をお送りいたします。

それでは、よろしくお願いいたします。

倉本 和昌


学んだことは、yabuコーチはopen・maidなので
2月ぐらいに、伝達講習会をおこないたいなと考えています
関心がある人は、是非参加してほしいですね

浜田のサッカーを少しでもレベルアップのために頑張り続けたいですね
浜田をバスク地方の育成方法を学んで少しでも良い選手が出ることを期待して!!
[PR]

by masa-17h | 2006-09-26 00:12 | サッカー  

やること一杯あります

本日は、高円宮杯U-15の支部予選で
70分ゲームの試合 2本 連チャンで審判しました
足もパンパンで、疲労してます!!

一昔は、バリバリ動けたのに
体力維持することは大切ですね

少し選手と一緒に走ろうかな??

これから少し時間があるので
高円宮杯U-15浜田FCジュニアユースの試合分析です

編集して、次回のミーティングに使うために
陰でのコーチの努力必要です
60分のミーティング為に
編集と分析のビデオ作成で3時間はかかります
当然のことですが、やらないといけないことです

22日より、結膜炎になっていて
目が痛くて、しょぼしょぼです。
あまり、画像観たくないのですが・・・。
明日からは仕事があり・・時間が取れないので
今しかないですね!!
[PR]

by masa-17h | 2006-09-24 22:41 | サッカー  

廿日市FCとテストマッチ!!

23日(土)は、午後よりジュニアユースの1年生を引率して
吉田サッカー公園に行き
人工芝使わせていただき
テストマッチをおこないました。

素晴らしいピッチで
25分を5本して

1本目浜田FCジュニアユース 0 VS 1 廿日市FC A
2本目浜田FCジュニアユース 4 VS 0 廿日市FC B
3本目浜田FCジュニアユース 1 VS 2 廿日市FC A
4本目浜田FCジュニアユース 2 VS 1 廿日市FC B
5本目浜田FCジュニアユース 1 VS 1 廿日市FC A

午後7時前ぐらいには
浜田に帰ってきました。

丁度良い負荷になりました

来週の高円宮浜田支部予選
少し決勝トーナメントには進出難しい状況ですが
30日(土)午後2時より浜田陸上競技場で
レスポール江津と対戦します。
yabuコーチは、当日U-12のトレセン対応で
帯同できませんが、橋本コーチが良いサポートしてくれるはずです
時間があれば、応援に行ってやってくださいね
[PR]

by masa-17h | 2006-09-24 22:39 | サッカー  

青年の進路の悩み

今日は、仕事19時ぐらいで切り上げて

来春から、浜田に就職で帰ってくる
2名(22歳)と食事しながら会話してました。
その2名とも、浜田市内の金融機関に内定していて
一人は、その金融機関に内定承諾を送っていて
一安心と言うところの彼です!!

もう一人は、金融機関を2つの内定を受けていて
どちらにするか判断を迷っています

その彼の相談ですが
彼の将来に影響するので
簡単にはここの職場が良いよ・悪いよは
言いにくいですし難しいです

yabuコーチの体験談しかないです
その一つの金融機関を職場にしている事しか
はっきり分かりません
だから、嘘も隠しもなく
良い面・悪い面・満足してる面・納得いかない面等々
色々、体感している事のすべてを伝えました

でも、一つ言える事は
サッカーを携わっていく(本気でする・活動する)為には
その面で、理解があるのはyabuコーチの職場でしょうと
言い切れました。

本当は、実際体感してみないと分からない事が多くありますよね

でも、言える事は、どこの職場に就職しても
他の事(例えばサッカーコーチ)をするためには
それをやろうという力・情熱が
可能にしてくれる事は間違いないと思います

gen・・しっかり悩んで、決めなさい!!
君には、熱いハートがあるから大丈夫

でも、yabuコーチは、君と一緒に働きたいね
君から教わる事が多いから!!

その判断が、morebest・bestかは
その職場を引退するときに分かる事でしょう
[PR]

by masa-17h | 2006-09-19 22:18 | ひとりごと  

総合型地域スポーツクラブ研修会

16日(土)の午後6時から、
浜田市教育委員会・しまね広域スポーツセンター主催(石見公民館)の
研修に参加してきました。
浜田FCジュニアの山本会長と一緒に、色々な話を聞きました。

どのように総合型を作り・浸透していくかを
山口県の二島地区の成功事例のもとで
「二島コミュニティクラブ」とういう
藤田 幹 理事長の体験発表が中心でした

熱く語っていただき
そのあと、質着応答がありましたが

なかなか浜田で浸透するには難しいことだと思います

「理想と現実」難しいことばかりでしたが

少しでも、形にとらわれないで
地域に貢献できて、地域すべての年代の方に
元気を与えることが出来たら良いなと感じています
[PR]

by masa-17h | 2006-09-18 14:03 | サッカー  

PCか使えない環境

10日間ぐらい、PCが壊れていて
何も出来ない状態でしたが・・・。
良かった面・不自由だった面色々感じましたが・・・。

一昔前は、こんな時代でした!!

伝える手段は、みんな電話か会って会話でした。

文章で伝えきれないこと
電話では伝えきれないこと
たくさんありますし、誤解も多くあります
文章に感情は表現出来ませんし
電話でも、顔の表情が分からなくて伝えきれないことあります

人間、会って会話するのが一番です
それに勝ることはありません・・・話し下手のyabuコーチでも!!
[PR]

by masa-17h | 2006-09-17 22:16 | ひとりごと  

昨日の高円宮杯U-15開幕

浜田支部の予選が開幕しました
浜田FCジュニアユース(U-13のみ)の
予選リーグ1試合目は浜田3中でした。

当然相手チームは3年生も参加しており
なかなか難しい試合だったのですが
後半途中まで2対1で勝利してましたが
残り5分前で同点に追いつかれ
残り3分間で2点とられました。
結果的には 2 対 4 で敗戦!!

選手も悔しくて泣いていました。
戦えきれなかったことに
どこか、コーチ・選手を含めて甘さがあったのでしょう

勝たせてやれなかった不甲斐ない自分に悔しくて
yabuコーチは、選手の前で、大泣きしてしまいました
こんな経験したことありません
今までどんな試合でも、選手の前では泣いたことありません

一からコーチを出直しです

本当に悔しかったです
この悔しさは必ず、選手達と一緒に戦って
うれし涙にしてみせます

解散前に選手達は
「勝てなくて本当にごめんなさい、でも僕たちはまだまだ頑張りたいです、だからしっかり集中してトレーニングしますので、もう一度チャンスをください、諦めないで教えてください」と言ってくれました

選手達にも伝えました
「yabuコーチも死ぬ気で頑張るから、ついてきてほしい」と
「勝たせてやれなくて本当にごめん」

本当に今どき、はやらない風景ですが
ここからがジュニアユースの再スタートです!!
16日(土)は、これからのサッカー人生の中で
忘れられない一日になりました。
[PR]

by masa-17h | 2006-09-17 22:07 | サッカー